パパ活アプリランキングへ

ガールズバーは何歳まで働ける?辞めた後はみんなどうするの?

今回はガールズバーは何歳まで働けるのか?平均年齢や、やめた後に実際どういう仕事についているのか?キャスト経験者に聞いてみました。

本当にガールズバーって若い子が多くて、30代になるともうきつい・・。なんて思っている人もいると思いますのでよかったら参考にしてください。

目次

ガールズバーの平均年齢と限界説について

やはりガールズバーで働く子は20代が中心です。

  • 10代・・10~15%
  • 20代前半・・・50%
  • 20代後半・・・30%
  • 30代以上・・・5%

10代は主にソフトドリンクで行ける、コンカフェやメイドカフェとガールズバーがミックスしたようなところで働き、20歳を超えてドリンクを取れるようになったら気軽にガールズバーのバイトをする人が多いです。

そのままキャバクラ→ラウンジ→スナックというのが王道の流れですが、最近は一般の子もバイト感覚でガールズバーで働きます。

そのため昼職との掛け持ちも多いのが現実です。

ではそんな状況を踏まえて、実際にガールズバーで何歳まで働けるのか?年齢をきっかけに辞めてしまうことはあるのか?

その後はみんなどんな仕事をしているのか?アンケートを取ってみました。

25歳の時にガールズバーの限界を感じキャバクラへ移動


福岡県内のお店で18歳の頃にガールズバー勤務からスタートし、水商売を辞めている期間もあり、23歳でキャバクラ勤務、25歳でミニクラブ、28歳からはクラブへ移動し現在も勤務を続けています。

地域差やお店の雰囲気等にもよるので一概には言えませんが私が25歳の時に働いていたキャバクラは、地元の大きなキャバクラグループから独立した20代前半の男の子がオーナーとして構えたお店なこともあり、まずオーナーが年下、女の子も高校卒業したて~21.22歳の子がとても多く、25歳の私が最年長になってしまいました。

そんなお店の雰囲気から客層もものすごく若くて年下のお客様が8割を締めてきたので限界を感じニュークラブへ移ることとなりました。


メリットはメインターゲットの20代前半の男の子たちはちょうどその年齢の頃は年上のお姉さんが好きな子達が多かったので年上というだけで指名に繋がることも多かったです。


デメリットは私の性格上、年下のアゲアゲテンションについていくことが苦手だったことと、ずっと自分が年下のポジションでお姉さんに守られる形で仕事をしていたので、急に先輩になったことで仕事がやりにくかったことです。

23歳でかなり年上、25歳からは常連さん以外つかなくなった

そらと言います。現在23歳で専業主婦をしています。現在は広島県に住んでいますが、水商売をしていた時は愛媛県で働かせていただいていました。


水商売の種類はガールズバーです。約3年ほど水商売で働いていました。

平均年齢はとても若いです。21歳ほどだと思います。

上限は25歳になるともう常連さんしかついてくれなくなり、新規でお客さんを獲得するのは難しいと思いました。


私が働きだしたときはちょうど20歳の頃でしたが、中には18歳から働いている子もいて、そのような子には新規で若い子と飲みたいというお客さんが毎日のようについていました。

中にはお店に入ってきて一言目に「この中で一番若い子をつけて」と言われる方もいらっしゃったので、そこは損したなと感じるところでした。


よかったことは、常連さんになると良さを引き出してくれて何度も指名してくれるようになったことです。


若い子はやはり若気の至りという部分もあって羽目を外しすぎてしまったりお客さんに迷惑をかけてしまって1度限りの指名でとどまることも多かったのですが少し上の年代になると若い子みたいに羽目を外しすぎることもなかったですし、きちんと接客ができたのでそこはよかった点でした。

昼職や結婚する前に金銭感覚を戻すべき

もちろん限界を感じてやめる方はいらっしゃいます。私もその一人です。


年齢の限界を感じるのには早いかもしれませんが、需要があるのは20代前半と言っても過言ではなく、23歳というと周りからはお姉さん的存在だねと言われてしまうのが現状です。


子どもができて結婚するからやめますといった方もいました。
私の知る限り、最年長で働かれていた方は25歳でやめられました。

若い子のノリを強要されるのがつらかったらしいです。


その後どうなったかは一概には言えませんが、たいていの方は苦労されているようです。
夜の接客業なので時給はほかの仕事に比べると何倍も違ったりします。


そのため金銭感覚を整えてからやめる覚悟をしないと家庭に入るからという理由以外でやめられた方は金銭感覚が狂ってしまったままやめることになるので正直借金してでも欲を満たそうとして破産しかけた人が多いです。


そして、昼夜逆転が当たり前ですので、昼の仕事をしようとしてもなかなか起きられないなどの理由ですぐにやめてしまう方も多いと聞きました。

不規則な仕事なので30代が年齢の限界

24歳です。本業は看護師をしています。首都圏に住んでいて、仕事も近場でしています。ガールズバーを本業の傍ら今も続けています。学生の頃から始めて、楽しいと思っているので、今も経験を積むために継続して行っています。

平均は20歳代後半から30歳代前半だと思います。

最大は40歳手前くらいかなと思います。

私は周りより年上ではないので、自分の経験談をお話することは出来ませんが、周りより年上の方でいいなと思ったのは、今までの経験を大いに生かせること、お客さんとの年代が近いことから、ジェネレーションギャップを感じずに自然に話すことが出来ることだと思います。


比較的お客さんの年齢層は高くて、若手はそのお客さんの話に合わせるために色々なネタを収集して仕事に臨んでいました。

慣れていない会話があって、不自然になってしまうこともありました。でも、年代が近しいと自分の素で話をすることが出来るので、その点においてはいいなと思っていました。

辞めた後は独立やフリーターが多かった

年齢の限界で辞める人は少なからずいました。

夜の仕事で不規則なこともあり体力的に辛い事も多くて、お酒もたくさん飲むし、長時間の立ち仕事となるので、体力の限界を感じて辞めてく人が多かったように思います。


辞めたあとは、もともとやりたいと思っていた仕事につく人や、持っている資格を生かして全然違う職種に転身する人、フリーターになる人が多かったように思います。


急に辞めてしまう人もいたので、その後のことが分からない人もいます。


若手のフレッシュさに圧倒されてしまい、自分に引け目を感じてしまう人も少しいました。年齢を重ねる毎にそれなりにメリットもありますが、それが勝らずに若さに圧倒されてしまうこともあるようです。

20代前半がガールズバーの適正年齢

現在は30代ですが、22歳ころから札幌・すすきののガールズバーで働いていました。


どれか一つということなので一番初めのガールズバーにしましたが、ニュークラブやスナックと年齢が上がるにつれて異動していました。

ガールズバーでも長くいる子だと25~7歳の子がいましたが、新しく入ってくる子でそれくらいの年齢の子はいませんでした。


大体が20~24歳です。


年齢が若いことのメリットとしては20~24歳あたりであれば大して会話ができなくても学生感や夜の仕事が初めて感があればちやほやしてもらえます。


デメリットはそれのちやほやも最初の数回くらいで終わりというところでしょうか。結局は会話が続かないと指名もつきませんしころころ指名を変えられることもありストレスになります。

長くいる&年齢が上の方だと最初はお局扱いされますが、落ち着いて話ができるなど固定客はつく子が多かったと思います。またアフターにいける子も多くそれ狙いの指名客もいました。

やめた後はニュークラブやラウンジの系列店に移動する

年齢の限界でやめるというよりは系列店がある場合はガールズバーからニュークラブ・ラウンジへうつっている子もいましたが、指名を持っている子限定ではありました。


ほとんどが全くお店とつながりのないスナックなどにうつるかお昼の仕事との掛け持ちに変えてる子が多かったと思います。


お昼の仕事も派遣や契約がおおくそれのみではきついためスナックなどのバイトの掛け持ちをしてました。


20代だと夜の仕事をやめてもなんとかなりますが、30代40代の方はスナックの掛け持ちや昼夜掛け持ちが多かったです。


ガールズバーやニュークラだとお客様と結婚する子も割と多かったです。


なかには働いていたお店のレジスタッフとして正社員になった子もいました。

テンションが高ければアラフォーでもガールズバーで働ける

現在31歳の会社員です。普段は事務員として働いています。

現在はやめてしまいましたが、28歳までは副業として仕事終わりや休日にガールズバーで働いていました。お店がつぶれたこともあり3店舗(系列店2店舗と全く別の店舗1店舗)働きましたが場所は全て東京23区内です。

私が働いていたガールズバーの平均年齢は23歳くらいでした。

全員の年齢を把握しているわけではないので大体にはなりますが、下は基本大学生、一番上が私と同じ28歳で学生以外の子は副業として働いている子が多かったです。

そのガールズバーでは28は年長ですが、28といってもお局やよくあるババア扱いされるようなことはなかったのでまだまだ上の年齢も働ける雰囲気でした。

とはいってもガールズバーは若い子のイメージが強いので、年齢が若いか見た目年齢が若いのが重要に思います。

見た目が若くてきゃぴきゃぴした若いテンションについていける人だとして35歳くらいまでなら働けるのではないかなと思います。

年齢が上でよかったことは落ち着いたお客さんがつくことです。騒ぐお客さんというより、しゃべりたい、落ち着いての見たいお客さんに気に入られることが多く無理して飲むことや朝まで騒ぐことが少なかったのはかなり良かったです。デメリットは特にありませんでしたが、もっと年齢が上がると朝までの仕事は体力的にきつそうです。

30手前で将来のことを考えて辞める子が大半

他のキャストの子たちといつまでこの仕事を続けるか話すことが多かったのですが、やはり20代後半になってくるとガールズバー一本で働いている子は将来を気にしている子が多かったです。

今は良いけれど今のうち定職を見つけておかないといつまでこの仕事につけるかわからない、だからアルバイトや就活をしてやめていく人が多いです。

ガールズバーを辞める子に次の仕事は何か聞いたところ、もともと学生時代に働いていたアルバイトに戻る子、就活で会社を見つけ会社員として働きだす子、結婚に伴い同居する子が多かったです。

自然と30手前になるとみんな年齢と将来の兼ね合いで辞めていきます。

私も同じように29になる誕生日の前に区切りをつけて辞めました。わたしが辞めた後その年齢超えても働いている子が何人かいますが、いままでそういった水商売しかしたことがないので他の仕事はできない、続けられる限りは働き続けると言っていました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる