パパ活アプリランキングへ

ラウンジ嬢はどれくらい稼げるの?最高月収と時給をリアルに話します。

ラウンジ嬢になったら、実際どれくらい稼げるようになるのか気になりますよね?やっぱり一般の求人雑誌は良いことしか書いてありませんし、平均収入が指名トップの子を基準にしていたりして当てになりません。

そこで実際に働いてた経験がある子にリアルなアンケートを取りましたので紹介します

目次

ラウンジ嬢の仕事でもらえる給料と仕事でかかる諸経費について

キャバクラ・ガールズバー・ラウンジ嬢・スナックとお酒が入る仕事の中で最もお客さんの単価が高いのが高級な会員制ラウンジ嬢ですが、今は自粛で人数制限もあり実は給料が下がっています。

一方でキャバやガールズバーと違い固定客がついていることもあり、平均収入は高めです。

  • 週2~3回出勤・・15万~20万
  • 週5回のフル出勤・・・30万~
  • 日給平均1万前後

この辺りは本当にもらえます。ただし月に50万をこえてもその分一般的な仕事よりも美容にかかるお金が跳ね上がる子も多いです。

レンタルドレスは新人の子が使いまわしているので本格的にやるとなると自己投資で月に2~3万ぐらい。後は化粧の回数も増えますので3万ぐらいはみておいたほうがぶなんです。

ラウンジ嬢は同伴やアフターが多く食事代がほぼ無料になる

ガールズバーはほとんどありませんが、ラウンジ嬢は同伴が多く、食事代を全く使わなくなったと言う子も一定確率でいます。

飲むのも食べるのも仕事のうち・・・という感じですが食費が0円になるのがうれしいですね!ただし、体型維持はめちゃくちゃ重要で、体重制限がかかる店も多いのでそこが悩ましいところです。

高級店は質の悪い食べ物が少ないので、量は控えめにしておきましょう。

なじみの客からの定期的なプレゼントが給料に加わっておいしい

後は、結構ラウンジに来る方はリピーターが多いです。そうなると定期的なプレゼントをくれるお客様が多く、日用生活品から時計・バッグ・凄い子だとマンションまで・・・。かなりプレゼントがもらえる業界でもあります。

ただ、全員がそいうおいしい思いをするわけではないので気を付けてください。

ではさっそく実際に働いている子の収入をどんどん紹介していきます!

北新地のラウンジの平均収入の時給

現在30歳、水商売引退済みです。最初は大学生だったので梅田のキャバクラ、次に慣れてきたころに北新地の高級クラブ⇨東京に出て銀座の高級ラウンジでした。


キャバクラは基本的に一対一で喋るから楽でした。ラウンジはみんなで話すから入っていくのが大変ですが稼げます。

時給が8000円だったので、少ない月でも週3回(日給40000)50万円ぐらい。最高は、週5出勤で80万ぐらいです。

仕事できまっていたルールについて

北新地では同伴で来たら10時に帰ってもらわないと(または会計をしてもう一回入ってもらわないと)同伴ポイントが消える
銀座ではそんなルールはなかったので不思議です。時間制だからかな?


北新地のアフターでは、担当のお姉さんが女の子に交通費を出す。銀座のアフターではお客さんが交通費をだす。
北新地のお店では、自分のお客さんに自腹でお土産を用意する。基本はお店が用意してくれるが、お土産代は徴収される。


もちろん同伴ノルマが決まっていて、それを超えられないと給料がへる。
お客さんが呼べない子は出勤制限がかけられていました。


12時以降は女の子もタバコを吸ってもいいという謎ルールがありました。
その時間は指名だったり常連さんしかいないので、いいらしいです。

仕事以外でかかるお金

毎日のセット2000円。着物の日は着付け代などで5000円ほど。ドレスは月一回新調日があったので1万円程度。
美容品、化粧品などは5000円ほど。

年に数回ある仮装イベントは一番お金がかかりました。


特に、新地である「おばけ」というイベントはハロウィンとちがい、それぞれのホステスさんが気合を入れてお金もかけて準備するんです。


花魁(しかも本格的)だったりウェディングドレスだったり、派手派手です。


それを見にお客さんもくるので店は大盛況。谷間に札束を挟んでくれる人もいました。この日は準備に50000円以上はかかります。着物レンタル代、着付けなど。


新人さんは普通のコスプレをしてるのでいいなぁーと思ってました。似合って可愛いし。

給料以外のお小遣いや臨時収入

メーカーの人にテレビをもらいました。5万円ぐらいでしょうか。あとはそれぞれのメーカーさんが自分のところの商品を経費といえるレベルでくれたり。


よく噂で聞くように、ブランド物とかは一切もらえず。


体を使わずにブランドものをもらうのはかなりの話術を持っているか、もう天性の才能で甘え上手なんだと思います。私には真似できなかったです。


私は、お客さんに水揚げしてもらったのでマンションや月々のお手当などもらったり、欲しいものを買ってもらったりしてました。


バッグとか洋服とか、全てお客さんが買ってくれていました。もちろんバーキンも。今までもらったものの総額は何千万だと思います。


お仕事で得することは、お金持ちに出会えて人生が変わるかもしれないこと。損することは、その贅沢に溺れて自分で努力をしなくなることですかね

ラウンジ嬢はフル出勤で働くと月に50万ぐらいかせげる

わたしは静岡県在住30代シングルマザーです。。現在は水商売から足を洗い成人し手がかからなくなった一人娘と共に落ち着いた生活をしています。

わたしが過去に経験した水商売はミニクラブ(今で言うキャバクラ)から高級クラブまでさまざまです。

高級クラブ(ラウンジ)が一番稼げました。週5日5時間勤務で最高50万ほど。月の出勤だとおよそ20日。同じように働いてもスナックだと20万円あるかないかでこれが最低になります。

最大のドリンクバックは50%

ミニクラブ、地方の小さなスナック、おしゃれなラウンジ、高級クラブ、と水商売と行っても形態は様々で、店の決まり事も店によって違います。ドリンクバック一つにしても店によってルールが違うので統一感はまったくありませんが水商売の世界はそれが普通です。

わたしが最高額を稼いだ高級クラブのドリンクバックは50%で最低額のスナックのドリンクバックはありませんでした。

何をどれくらい飲んでも返ってくるものがないと売り上げに貢献しようと思えなくなり、カラダに良さそうなトマトジュースをもらうことが多かったです。

同伴は高級クラブの場合店での売り上げの2割が入ってくるため頑張りました。

スナックでは同伴バックはなくおいしいものを食べるためと割り切りました。アフターは高級クラブもスナックも店は関係せずすべて自己責任。ペナルティーは1度も経験していないのでなかったのかもしれません。

仕事でかかるお金は体系維持のフィットネス

美容グッズも使いましたが、わたしは美容と健康のためにフィットネスクラブに通っていました。

水商売をはじめる前にも利用していましたが、水商売の世界にいると朝夜逆転生活になりやすくそれが美容と健康に大敵なため、ちゃんと日中に活動できるようにするためにもフィットネスクラブ通いを続けました。

当時わたしが利用していたフィットネスクラブはスパ施設が充実していたので、トレーニング後にサウナや入浴でスッキリしてから出勤することが多かったです。

服装は高級クラブの時は月に1~2着購入していました。

ドレスは店で無料で借りられるのですがそれだけではなんとなく嫌だったのです。コスメは特別高いものではなく普通のコスメを使用。リップは色つきリップクリームが好みでした。

チップやプレゼントは数百万円分もらえた

お客さんからはよくチップを頂きました。現金払いの人が多い職場なのでおつりが出るんですね。そのおつりをチップといって置いておかれるお客様が少なくなく得したなと思います。

また、誕生日になると一流ブランド製品を頂くことが多々ありました。たとえばエルメスの財布、エルメスのスカーフ、シャネルの化粧品や香水、ドルチェ&ガッバーナのバッグに靴アクセサリー、高級フルーツ、生花・・・。

長く水商売の世界にいたので誕生日だけでもたくさんのプレゼントを頂きました。

エルメスやシャネル、ドルガバはわたしが大好きなブランドなので、みなさんわたしの好みを知っていて選んでくれていました。今でも感謝しながら大切に使っています。

現金に換算すると数百万円でしょうか・・・。水商売で一番お金がかかったところは衣装代ですが、お客様からの心遣いによってずいぶんと助けられました。

京都の高級ラウンジ嬢の平均給料と内訳

京都市在住で、子育て中の38歳です。京都の祇園街で、ホステスとして、18歳から17年間勤務。
キャバクラ1店舗以外は、高級クラブ勤務しておりました。レギュラーとして勤務のほか、コンパニオンとして勤務経験もありです。

平均の月収は45万で、最大は120万。大体月20~25日勤務。結構ルールが細かかったのでまとめいます。

  • 日給(4時間~4.5時間) 18,000円~24,000円
  • 同伴バック 3,000円
  • ドリンクバック(売上に応じて) 5~10%
  • 遅刻15分 1,500円アフターはできる限り行く。
  • 金曜日ドレスアップor着物。
  • 髪はできる限り美容室でセットする。
  • 黒の服は禁止。
  • 出来れば、シャンパンやワイン等の抜きものを頼む。
  • ボトル以外にドリンクが頼めるなら頼む。
  • イベントの時はノルマあり。(ただ、ノルマ未達成でも罰金は一度もなかった。)
  • 見せ口座や、口座の枝客を自分の口座にするには、月5回同伴してもらうと変更される。
  • 体調不良以外は、ソフトドリンク禁止。

大体これくらいかかりました。

ラウンジ嬢の仕事をするうえでかかる経費について

  • ドレス 3,000円程度~45,000円程度。
  • 着物 100,000程度~
  • 草履 50,000円
  • ワンピース 3,000円程度~40,000円程度
  • パンプス 7,000円程度~30,000円程度
  • ヘアセット 2,500円
  • 着付け 5,000円
  • 客誕生日プレゼント 5,000円程度~10,000円程度
  • コスメは普段の化粧品と同じなので月5,000円程度~10,000円
  • ドレス用アクセサリー 5,000円程度~50,000円程度
  • ポーチ(店内移動用) 80,000円程度
  • 名刺ケース 50,000円程度
  • 名刺代(店による) 無料~月3,000円

ラウンジ嬢だとお得に買い物ができる

ラウンジ嬢は色んな情報が入ります。色んなものを安くで買えるように手配してもらえたり、エクシブを取って貰えたりすします。

客から貰うのが余り好きではなかったので、鞄・洗濯機・ワンピース・ドレス・マフラー・時計・アクセサリー等200万程度です。

  • 同伴で高級店に行ける
  • ミシュラン星店や、予約が取れないお店に行ける
  • 。食べたことのない珍しいものが食べられる。
  • 高級なお酒が飲める。
  • 芸能人に会える。
  • お茶屋さんに連れて行って貰える。
  • 旅行に連れて行ってもらえる。
  • タクシー代として0円~100,000円程度貰える。

この辺がお得に感じました。

福岡のラウンジは売り上げの半分か、日給+ドリンクバックだった

福岡住みの23歳の女性です。水商売の経験はこれまてスナックとミニクラブがあります。福岡の繁華街でミニクラブで働いた歴が長いです。週5の昼職をしながら、週3〜4程度オープンからラストまでフルで勤務していました。

月に16日前後出勤していて最低月収は19万、最高月収は60万です。

ドリンクバックは10%、同伴をすれば1,000円の手当がつきました。アフターはあくまで行くのは個人の自由なので行っても手当はつきませんでした。ペナルティーは当欠した場合10,000円の罰金がありました。

お給料は「日当+ドリンクバック」 か「売上の半分」のどちらかを選択出来ました。

私は当時は自分のお客様も少なかったので日当を希望していましたがたくさんお客様がついているキャストの女の子たちは売上の半分を希望している子が多かったです。

また、一応クラブですが和気藹々としたお店で特に厳しい決まり事などはなかったです。極一般的な『他のキャストが担当しているお客様には名刺は渡しては行けない』などのこの世界では当たり前のルールしかありませんでした。

給料以外の諸経費は月4万ぐらい

総額は4万程度でした。ドレスは頻繁に買い直すタイプではありませんでしたが、出費があった時は2着程度購入して10,000円程度でした。あとはマツエクやネイルを2週間ごとにメンテナンスしていたので15,000円、ヘアケアで10,000円、コスメ用品の購入で5,000円程度です。

ヘアケアは美容室でトリートメントやメンテナンスをしてもらう程度で、コスメ用品は特にこだわりがなかったのでデパコスでもプチプラコスメでも自分がいいと思ったものを買うようにしていました。

私は必要最低限のことしかしなかったのでこのくらいの金額で済みましたが、もっとお金をかけている方はこれにエステ代などもかかってくると聞いたことがあります。

同伴で食事がタダになるので100万ぐらいは浮く

ドレスやスキンケア用品、ブランド物のバッグやアクセサリーなどが多かったです。あまり気にしたことは無かったですが、総額で50万程度かなと思います。私はあまりものをもらうというより、同伴で美味しい高級なお店に連れて行って頂くことが多く、ご飯だけだったら100万を越しているかもしれません。

この仕事をしているといろいろな方との出会いがあり、普段行けないところやなかなか繋がることができない方と繋がりを持てたりします。

水商売と聞くとあまりいいイメージを持たれる方は少ないかもしれませんが、必然とマナーは身についてくるし目配り、気配り、心配りが自然とできるようになります。この仕事をする上で、そういう面では得をしているなと思います。

給料の安いラウンジは月に10万~20万程度しか稼げなかった

下記に記載している一番稼げた水商売(ラウンジ)では、大学在学中(20~22歳頃)の2年間働いていました。
いくつか水商売を掛け持ちしていた時もあります。


現在は30代で、出勤頻度もそれほど多きはありませんが、たまに顔を出す程度で働いています。

OPENから終電までの1日4時間ほどで月に12日(週3回)で最低で8~9万円ほど、最高だと20万円超

基本給がラウンジなのに2000円だった

基本給は、私の場合2,000円でしたが、指名や同伴の数によって変動していくため、人気の女の子だと4,500円た6,000円など私の倍以上の金額をもらっている子もいました。


ドリンクについては、キャストドリンクは飲むものによって、1杯200~400円で、ボトルやシャンパンは概ね10%バックです。
同伴は週に1度はしなければならないルールで、同伴が難しい場合は指名でも可能でした。


ペナルティーとしては、遅刻と無断欠勤、当日欠勤があり、無断欠勤と当日欠勤については罰金1万円で、病院の領収書や薬袋があれば免除。


ですが実際のところ、「親族が倒れて…」などの理由をつけて免除になる子が多かったです。
遅刻は時給ー1,000円で、遅延証明書や仕方ない理由(補講などでOKでした)で免除になっていました。


OPENは18時からだったので、30分前にはメイクも済ませて準備しておいてねといつも念押しされていました。


アフターはお店的に推奨するわけでもなく、行くなら自由にどうぞといったスタンスだったため、お金にならない+終電で帰ることから私はあまり行くことがありませんでした。


待機カットはありませんでしたが、規模が大きいお店だったので待機時間が発生することはほとんどありませんでした。

ドレス代とヘアセットで月に2~3万の出費がかかる

ドレスは貸し出しがありますが、擦れ切っていたりと傷んでいるものが多く、それを借りている女の子はいなかったため、実質自己負担で用意していました。


あまり同じものを切ることは出来ないので、月に3着(1着5000円前後)は新しいものを購入していました。
出勤時の服装は何でもよかったので、ドレス・服装代で毎月1万5000円ほどかかりました。


メイクやヘアセットも自前となっていたため、ほとんど自分で完結させてしまうことが多かったですが、週に1度ほどは店舗近くにあるヘアサロンでヘアセット(2,000円)をしてもらっていました。

メイクは誰かに頼むことはせず、全て自分でやっています。


メイク道具も2月に一度は同じものを買っていたので、ファンデーション、マスカラ、カラコン、シャドーなどその際には2万円ほど使っていました。

大手のラウンジは基本給が安くてもプレゼントをかなりもらえる

誕生日にお客さんが好きなブランド(ブラックレーベル)のマフラー(4万5000円ほど)を貰ったり、同伴した時にお店で着るドレス(AIMER(エメ):3万円ほど)を買って頂いたりしたことがあります。


それ以外にも、お店で使う用にリーガルのヒール(1万5000円ほど)、Tiffanyのオープンハートのネックレス(4万円ほど)を貰ったりもしました。


大手のラウンジで得することは、お店での時給以外にもお客さんから普段は気軽に買えないような金額のプレゼントをもらうこともあることだと思います。


逆にお金がかかることは、自分のメイク用品やドレスはもちろんですが、お客さんの誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど特別な日にはこちらも大きな出費をしなければならないことです。個人的にお客さんに貰った半分程度の金額を目安にしています。

水商売を制覇したが圧倒的に稼げたのはラウンジだった

現在21歳で、海外に住んでいます。日本にいたころ、18歳より水商売を始めました。大阪ミナミにて、会員制スナック、ラウンジ、カラオケバーの合計だと4店で働きました。主にスナックの出勤をメインにしていました。

稼げたのは圧倒的にラウンジです。コロナ禍だったので最低月収はゼロ、週2たった3時間出勤で最高15万円です。

稼いだ金額の内訳とペナルティーなどのルール

ドリンクバックは普通の飲み物なら500円です。【自分のために入れられた】シャンパンならそのシャンパンによって値段が変わります。ノンアルなら〜3000円、シャンパンなら8000〜円でした。

同伴に関しては、同伴者一人につき2000円プラスです。店前同伴でも変わりません。同伴しても9時までにはお店に到着しなければなりませんが、遅れた場合は1000円のペナルティです。

お客さま置いてでも自身は9時までに到着しなければなりません。アフターに関しては、報酬は1円もありません。朝の4時までいようがいくら飲もうが給料は1円もでませんが、アフターに行けば次に繋がるとのことでほぼほぼ行かないとダメという雰囲気でした。

ラウンジ嬢の給料から差し引かれる必要経費

キャバクラではないのでドレスまで着る必要はなく、ドレスっぽい私服でよかったので服装は月に5万円ぐらいでした。

日を連続して着ればお客さまが同じものを見る機会ってあまりない(数日連続で来る客がいないため)ので、服はそんなに新しく買いませんでした。シューズは2万円ぐらい。月に1回買うか買わないかぐらいです。


マツエクとネイルに一番お金がかかりました。

三週間に一回、マツエクの6000円とネイルの9000円が飛びました。コスメはそんなになくならないのでわかりませんが、リップだけは頻繁に買いました。リップは一本6000円ぐらいでした。

また、香水はかなりなくなりが早く1ヶ月に一本は買ったと思います。12000〜20000円ほどです。

給料以外にお客さんからもらえたもの

LINE Payで2000円のクーポンを何度かもらったり、誕生日プレゼントとして5万円分のお買い物をしていただいたり、外国でしか作れないコインの指輪をいただいたりしました。

あとはごはんですね。営業終わりに食べなと持ち帰りのお弁当などをしょっちゅう頂きました。簡単に金品換算できないですけれど、私の誕生日月だけでいうと10万円ぐらいは物でもらった気がします。


仕事で得することは、美味しいものが食べれること、お買い物をしてくださる人がいることですかね。

お金がかかることといえば自己投資です。いずれも場所相応な服装をしなければいけませんし、きれいでなければ買ってすらもらえないので…未来への投資だと思っても、やはり美容には少しお金がかかりますね。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる