パパ活アプリランキングへ

ラウンジ嬢の顔のレベルは?化粧や体重で気を付ける点を現役が話します。

キャバクラ・ガールズバー・スナックなどの水商売の中でももっとの1人当たりの客単価が高く、売り上げも多いのが高級ラウンジです。

その分、選ばれた女性だけが働ける場所で、容姿もメイクも完璧なのでは?

一般人の自分には無理なのか?なんて思う人もいると思うのですが・・・。実際のところはどうでしょうか?

今回は現役のラウンジ嬢に、顔のレベル、化粧のコツなどラウンジで働く際の外見について本音で話してもらいました。

目次

ラウンジ嬢の仕事で必須となる外見と容姿の重要なポイントとは?

では複数の意見を元にラウンジ嬢として働く子が容姿でどんな点を評価されるのか?重要だと思う点をまとめます。

  • 美肌・・・露出が多いのでかなり重要
  • 髪・・・酔った客さんに触られることも多いので
  • 口元・手元・・・お酒を飲むときにかなりみられる
  • 体重・・・店によっては制限があるほど重要

ラウンジ嬢はママと一緒に複数の女性と共に1~2名のお客さんにつきます。そのためかなり容姿の基準は高めです。

メイクは濃いめ!胸元よりもスタイル重視

意外だったのは「胸元」に関してのコメントが少なかったこと。男性はみんな巨乳好きかというとそういうわけでもなく、無理にバストアップをしなくても、美肌とスタイルの維持に最も気を付けている人が多かったです。

お店の採用基準として「60キロ以上は採用しない」というところもあり(身長による)はやりちょっと痩せているくらいの方がいいとの声が多くみられました。

私服でもOKなガールズバーやスナックと違い、スタイルが分かりやすいドレスを着るので、太り過ぎは厳禁です。

メイクに関しても自分でも予想以上に濃い方が、夜の暗いラウンジでは見栄えが良いということです。

ではさっそく現役の声を紹介します。

容姿はもちろん肌のレベルがかなり重要

現在32歳女性です。24歳から水商売をやっていて、最初は会社員と兼業でやっていました。26歳から水商売1本で、ガールズバー、ラウンジ、スナックとやってきましたが、その中でもラウンジが1番長く続けた水商売です。

顔以上に肌のケアが重要

水商売で、顔やスタイルなどの外見は、やはりある程度重要かと思います。美人でなければならないというわけではありませんが、お客様と距離が近いので、肌は綺麗な方が好まれます。

また、ラウンジの場合はドレスを着なければならないので、スタイル維持は必須です。同伴で美味しいご飯を食べたり、お酒も毎晩のように飲むわけですから、油断するとすぐに太ってしまうので、意識しなければならない点だと思います。

容姿に関して、気をつけていたことは、まずスキンケアをしっかりやることです。夜遅く不規則な生活な上にお酒も飲むので、肌が荒れやすい生活習慣になるので、どんだけ疲れて帰ろうが、どんだけ眠たかろうが化粧は絶対に落として、スキンケアをしてから寝るように心がけました。

また、基本的には夜遅く帰りますし、アフターがあると更に夜中の帰宅になるので、昼過ぎや夕方まで寝てしまう人が多いと思うのですが、私はどんなに遅くとも翌朝10時までには起きて、ジムに行ったり、ヨガをしたり体型維持できるようにしていました。

綺麗になれば融通が利きラウンジの仕事が好循環に入る

水商売に限らず、どんな仕事でも言えることだと思いますが、外見が良ければ、それだけで第一印象が良くなりますし、お客様の目にも留まるチャンスが多くなるので、お客様に付ける機会が多くなると思います。

お客様に付ける機会が多くなるということは、その分、お客様に気に入って頂ける機会も増えますし、担当のお客様が増えれば増えるほど、お店から必要とされ、シフトに優先的に入れてもらえたり、融通を効かせて頂けるようになります。

外見で損をするケースを考えると、やはり肌が荒れているときは、お客様からご指摘を受けることがあります。

「肌荒れてるけど大丈夫?この仕事キツいんじゃない?」などとお客様に変に気をつかわせてしまったりしますし、自分もあまり肌荒れを見られたく無いので、顔を手で隠したり、お話に集中できなくなったりしてしまう時があります。

濃いめのメイクで目元と口元に気を付けよう

お化粧で気をつけていることは、普段のメイクよりも少し濃くすることです。ラウンジは、照明がやや暗いので、いつものメイクより目元などは濃くします。

ただ、ファンデーションもガッツリ、アイメイクもガッツリ、リップも濃くて、とやるとやり過ぎなので、自分が印象に残って欲しいところを濃くして印象付けしています。

私の場合は、自分の目が自信があるので、アイメイクをポイントでやって、あとはうっすらな感じに仕上げています。

あと、口元のメイクも大事だと思います。お客様と近い距離でお酒も飲みますし、お話しますので、口元のメイクは、メイク前にしっかりと口元を保湿して、リップを塗って、唇がガサガサにならないように心がけています。

福岡の高級ラウンジは容姿の以外にも体重での制限があった

福岡県在住の23歳女性です。福岡市内の繁華街で20歳から水商売をやっていてスナック、ラウンジに勤めていました。1番歴が長いのはラウンジです。昼職をしながら基本週3〜4、時間はオープンからラストまでクラブで働いていました。

正直、水商売の種類や高級店か大衆店か、によります。高級ラウンジやキャバクラはやはり洗練されたルックスやスタイルのいい女の子が求められます。

多額の金額が飛び交う店なので、それ相応の洗練されたレベルの高い女の子が必要だからです。

ある程度のレベルまでいってないとそもそも面接をして貰えません。

大衆店のラウンジなら容姿以外でも採用される

ですが、大衆店になるとルックスもスタイルもそこそこ、悪くいえばそこまで容姿端麗な女の子は少ないです。

なので高級店に入るのであれば容姿は重要、大衆店であれば容姿にあまり自信がなくても笑顔でお話出来れば大丈夫です。

私は現役当時は体重は「〇〇kgを越えてはいけない」とお店から忠告を受けていたのでとにかく体重を増やさない、という点を気をつけていました。

容姿が悪いだけで無視する客もいる

お酒が入ったお客様への接客なので、やはり心無い言葉、傷つく言葉など言われやすくなります。「ブサイク、可愛くない」なんて普通に言われることもあると思います。

こればかりはお客様によるのですが、容姿が悪いだけで話しかけても無視してくるような人もいます。逆に顔が可愛いとあまり話が上手じゃない、多少気が利かない面があってもチヤホヤされます。

外見で損得をすることは水商売をする上では避けては通れない道かなと思います。ですが、多少酷いことを言われても水商売で働くのであれば軽く流すメンタルも必要です。

私も現役当時にコンプレックスを指摘されてショックでしたが、「こういう人もいるんだなぁ」と割り切って接客していました。

ピーリングやエステでセルフケア

とにかくアルコールや不規則な生活で肌荒れが凄いのでスキンケアに力を入れています。3日に1回はピーリングをしたり、エステに行って肌を整えています。

またコロナ禍でマスクをつけているので、メイクに関しては普段はノーファンデで過ごしていて、目元はマツエクやアイラインでしっかり強調しています。

1番力を入れているのはアイブロウです。もともと眉毛が薄いのと形が悪いので時間をかけて毎朝整えています。

また、化粧品、スキンケア用品を選ぶ時はデパコスやプチプラなどを気にせず自分に合っていると思うもの、成分などを見て選んで使っています。

デパコスだからいい、プチプラだから悪いというわけではないのでしっかり見極め、自分の肌の色や肌質に合っているかが大切です!

絶対にラウンジでは顔のレベルで判断される

私は現在28歳です。過去5年くらい大阪府豊中市のラウンジで働いていました。昼間はOLをしながらのダブルワークでしたが、学生時代の奨学金を早く返済したいということもあり、水商売にも力を入れて取り組んでいました。

基本的に顔やスタイルはかなり重要です。ラウンジやキャバクラは、お客様は高い金額を払って、女性とのお酒の場を楽しむように設計されています。

当然男性のお客様は、かわいい女の子とお酒を飲みたいに決まっています。顔だけじゃないとかいう男もいますが、本心ではそんなこと全く思っていません。

若くて可愛い女の子が良いに決まっているのです。

ですので容姿・スタイルは気を遣っていました。出勤前には、お化粧を丁寧にしたり、美容室に行ったりしました。スタイルにも気を遣い、太りすぎないように普段の生活から気を遣っていました。

また、出勤時にはお客様に気に入ってもらえるような衣装を着れるように休みの日に探しに行ったりもしました。

顔によってリピート率と単価が違う

外見で生まれる差として、お客様のリピート率と単価が違ってきます。お気に入りの女の子(若くて可愛い子)が見つかると男性のお客様は何度も会いにお店に来るケースが多いです。

何度もその子を追いかけてくるので、セット料金も増え、おかわりのドリンクバックも増え、シャンパンなんかも抜いてくれる時があります。

こうなるとキャストの女の子間にも給料的な差が生まれてきます。

これが容姿によって生まれる損だと思います。

かわいい女の子はかなり有利になることを忘れないでください。見た目に関して直接的に言ってくる品のないお客様もたまにいますし、目の前で外見やスタイルの違いなんかを指摘された時には、自分より若い女の子の前でとても惨めな思いをさせられることがあります。

昼職のOLメイクではなく夜専用に変えることが重要

身だしなみは第一印象を決定する大きな要素なので、力を入れましょう。私も普段のお化粧では、かなり念入りに時間をかけています。昼間はOLの仕事で、ナチュラルなメイクにしていますが、水商売に出社する前には気合を入れる意味も込めて、お化粧直しします。

特にアイメイクには力を入れてやっています。

目は接客中にもっと多く使いますし、お客様にもみられている部分だからです。また、化粧の雰囲気もお店に会った雰囲気になるようには心がけています。

自分がしたい少し派手目なメイクであっても、お店が落ち着いた雰囲気を作っている中では、どうしても浮いた存在になってしまいます。

さらに気を付けたいこととしては、髪にはメイク同様気を遣っていました。お客様にも触れられる可能性もあるし、清潔感を象るという意味でもきれいに手入れしていました。

ラウンジの仕事は昼職とは違う濃いめのメイクと体重制限のギャップに驚いた

現在21歳です。高校卒業後の18歳から21歳まで、ラウンジやスナック、ガールズバーの合計4店舗で働いて来ました。緊急事態宣言の時期を除いては、大阪ミナミの会員制スナックで毎日(日曜休み)出勤をしていました。

特にラウンジは容姿がとても重要でした。顔だけでなくスタイルも重視です。人並みに痩せていなければ在籍することさえ許されなかったことと思います。

まずは暗い店内でもはっきりとわかるように濃い化粧をすることが最低限ですね。昼間やっている化粧だと芋っぽくなります。

自分が思っている以上に濃いメイクがおススメです。

特にそのためのマツエクはかかさず通っていたし、太らないように同伴以外では極力ご飯を食べないようにしていました。

また、足が綺麗だとウケがいいように感じたので、YouTubeで見つけた太ももの肉を無くすトレーニングだとか、手当たり次第に足を細くするために努力していました。

また、リップスティックは必ず常に持っておいて、お手洗いの際に塗り直すことを徹底していました。

唇の色が落ちるとかなり魅力がなくなるようなので。

外見で得することはほぼ毎日

外見で得することはほぼ毎日ですね。まず外見だけで稼いでいると言っても過言ではないほど身の無い話しかしないので…クラブだったら接客やお話に重点が行くんですが、ラウンジは綺麗な女性と飲みたい人しか来ません。

こんな適当な話(ほぼ相槌)であのお金がもらえていると思うと、9割容姿で得しているんだなあと思います。

私はとある芸能人に似ているということでお褒めを頂いたことがかなりあります。全くの本物じゃ無いのにテンション上がるみたいです。


損することは、お客さまのタイプじゃなかった時ドリンクをもらえなかったりすることです。

誰にもウケる顔ではないと自負しているので、たまにそういったお客さまに当たると稼ぎは減ります。人によっては、ばっちり上がったまつ毛やロングネイルを好まないようです。

昼職掛け持ちの子はメイクのギャップに気を付けて!

昼間のテンションで薄くしないことです!自分が思っている以上にパーティーメイクでいいです。店内は暗く、着る服はドレスに近いもの。メイクがはっきりしていないと浮いてしまうからです。

自分の顔に似合う、年齢相応のメイクをしたら無難で良いと思います。昔のキャバ嬢のような奇抜なものはあまり好かれないので、あくまで現代っぽく、尚且つ濃いめのお化粧が無難です。

また、私はお客さまから顔のことで何か言われるのがとても嫌だったので、そばかすやホクロなど悪い意味でチャームポイントとなるものは消しました(美容外科の整形にて)

メイクでも消えはすると思うので、もしコンプレックスがあれば最大限消していくのをお勧めします。意外とツッコんできたりしますし、コンプレックスがなくなることで自信にもつながると思うので!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる